ホーム »の書類金融商品IAS第39号IFRS第7

金利スワップ

2009年2月21日5250再生回数1つのコメント

親愛なる専門家、
組織は別の銀行からの借入金の浮動INT率に対する銀行とIRSのagrrementを締結しました。
契約期間のターム·ローンの満期を返済し、別のローンを別の銀行から取得する前に。
int型のレート損失/ proftのintキャップと変動に基づいて損益計算書に認識され、資産/ Liabiltyを占めている。
IRSの合意がなされたそれに対してターム·ローンの返済のために。 我々は得別の融資に対して、IRSを説明するために続けることができます。 あるいはIRSの契約は取り消されるべきである。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (評価無しけれども)
Loading ... 読み込んでいます...

1つのコメント»

  • 管理者 (作成者)は言った:

    RAMからのコメント(IFRSLIST部材)

    私はあなたが2の質問があると思います。 -

    1)IRSの会計処理は、IRSは、それ自体は、それが会計帳簿に備え付けのローンに反していることを考慮しての/会計処理をキャンセルされた融資に対して得。
    2)IRSが、それが得られたため、ローンの取り消した時点でキャンセルされるかどうか。

    上記の私の考えは以下の通りです: -
    1)IRSは、指定された場合には、私はそれに基づいてundeying変動金利金利のターム·ローン取引で固定金利であり、想定元本に利息の支払いを想定していると思います。

    変動金利とIRS固定金利の違いは、報告日現在の固定金利と変動金利間の比較ですの状態に応じて支払われる、または受信されるべきである。 (変動金利は、IRSの<固定金利であれば)、ネットの違いは、ゲイン(IRSに変動金利>固定金利の場合)またはoutlowのどちらかである。 この状況は、実際のタームローン向かい合っIRS想定元本のプロファイルに基づいて変更されることがあります。
    任期は、IRSの単一任期であり、それは個々の会計期間よりも長いを通して実行されている場合は、IAS第39(営利につきとして会計処理する必要がある各報告日、上の銀行を発行することによって、IRSの楽器の時価評価があるだろう損益は、損益計算書を通じて認識やそれが引き落とされている/)企業がヘッジ会計に従っているかどうかに応じて、スワップ予備accoutningに入金されます。 市場には、このマークは、IRSの想定元本のプロファイルに従って発行銀行とクライアント間の売掛金/買掛金のネットに追加されます。
    2)IRSが取り消される必要があるかどうかは、組織によって得られたローンの金利変動をヘッジするために、ビジネスの意思決定や要件によって異なります。 私は、既存のないものをヘッジする必要がないようにタームローンに基づいており、IRSがキャンセルされることを信じています。
    新規ローンが得られた場合には、現行の金利で得られ、取引が取引され、それは決定がヘッジヘッジするかしないことを、この時点ですべきである場合(固定レートIRSを得る)ヘッジ要件が異なっている上記)を1で提案されている会計treatementに続く、取られる。

    乾杯!
    ラム

あなたの応答を残す!

あなたがしなければなりませんログインしてコメントを投稿する。